【漫画レビュー】うつヌケ

2018年2月26日レビュー, 日常

 うつヌケ。
 うつのトンネルを抜けた人たちのドキュメンタリーコミックをご紹介。
 
 小説家、編集者、ゲームデザイナー、教師…。
 いろいろな人のうつのトンネルに入った経緯と抜けた方法を綴ったドキュメンタリーコミック

 その中の一人。
 代々木忠氏(AV監督)のエピソードが危険な領域に侵入していたので紹介
 

 まずうつを患う前の半生がすごい
 ①3歳で母と死別—

 ②不良として喧嘩に明け暮れ
   ③極道となったが、義兄弟に命を狙われ

 

④ポルノ映画の監督になりつつ、裁判で戦う

 

 その後、原因不明のうつに悩まされるが

 霊感の強いAV女優から子供のころの自分を受け入れられていないことを指摘され…うつのトンネルから抜ける。
 
 前レビューした午後のハレンチティータイム二村監督は撮影中にオナニーする奇才だったけど、代々木監督は霊感の強いAV女優に癒される監督とかAV界魔窟過ぎる。詳細はコチラ↓で。

 代々木監督について。自身が女性のための愛と性の相談室。というホームページを開いておられます。
 ここ必見です。
 コラムとサイト紹介を読んだだけだけど、ものすごい真面目な人です。AV監督という普段知りえない角度からの世間に対する真剣な考察。そして文章力が単純に高い。読ませます。
 

2018年2月26日レビュー, 日常

Posted by SynergyCat